倫理法人会とは

「倫理経営」が日本を救う

時代が「倫理」を求めています。

政治倫理をはじめ、経営倫理(企業倫理)、環境倫理、医の倫理、生命倫理、公務員の倫理―――。 経営倫理とは「企業体や団体が、その事業を推進していく上で守るべき倫理的規範」にほかなりません。

そうした時代の空気の中に、倫理法人会という存在があるのです。全国に会員企業63,000社を擁する倫理法人会が追求しているのは、しかしいわゆる経営倫理ではありません。「経営における倫理」ではなく、倫理経営、つまり「倫理による(基づく)経営」なのです。

倫理法人会が拠り所にしている倫理とは、純粋倫理、すなわち「実行によって直ちに正しさが証明できる生活法則」です。旧来の道徳の精華も包摂し、日本の伝統的な精神性に根ざした、平易にして深淵なその哲理を、多くの経営者が求めはじめています。なぜでしょうか。

それは日本の社会から「倫理の垂直軸」が消失しかけているからです。

世の中のリーダーである経営者諸氏が、真摯に倫理経営を実践し、その輪が広がることで、企業は確実に変わり、日本はよくなり、そして救われるのです。数の目標を含み超えたその大目標に向かって、我々は雄々しく前進しなければなりません。

勢いづく時代の風を受けて、さらに大きく飛翔してまいりましょう。

倫理法人会は社団法人倫理研究所の法人会員組織です。「企業に倫理を、職場に心を」をスローガンに、まずトップが純粋倫理を学び、変わることによって、社員や社風を変え、健全な繁栄をめざしています。

昭和55年、全国に先駆けて千葉県倫理法人会が設立されたのを皮切りに、各地に波及し、現在、47の都道府県倫理法人会に加え、681ヵ所に市・区単位の倫理法人会を設立。会員数は63,000社にのぼります。

(2016年11月末現在)

活動の目的と内容

活動目的

倫理法人会は、実行によって直ちに正しさが証明できる純粋倫理を基底に経営者の自己革新をはかり、心の経営をめざす人々のネットワークを拡げ、共尊共生の精神に則った健全な繁栄を実現し地域社会の発展と美しい世界づくりに貢献することを目的とした団体です。

活動内容

主に6つの活動内容があり、強い組織創造への基盤作りを行っております。また、日本創生の礎になる本物の仲間作り、倫友が学び実践する場の質的向上を図っております。
パワフルで魅力的な高知県倫理法人会の活動を是非ごらんください。

倫理法人会とは

「企業に倫理を 職場に心を 家庭に愛を」

高知県倫理法人会 8代目会長 高木義夫

8月まで高知西倫理法人会会長をさせて頂きました高木義夫です。このたび久万田昌弘前会長の任期満了に伴い高知県倫理法人会会長の大役を仰せつかることとなりました。

前任の久万田会長を含め歴代会長、役員の方々そして会員の皆様が育ててこられたこの会をお引き受けするにあたり身の引き締まる思いです。

高知県は一つの家族「高知家」のような高知県倫理法人会をあたかも
一つの家族のように「高知県倫理家」として皆で助け合い共に成長する会を目指してまいります。

そして、高知県倫理法人会が今まで超えることのできなかった会員企業数500社の壁を超えることにできるよう邁進する所存でございますので皆様ご協力のほどよろしくお願いいたします。

高知県倫理法人会 8代目会長 高木義夫

↑ページトップへ